湾曲ペニスを検査して健康と自信を早めに回復

メンズ

下半身の病を治療

メンズ

新宿にはいくつか泌尿器科があります。泌尿器科は下半身の悩みについて専門の治療を行なっています。痒みや痛みがある場合は、病気のサインになっているので早めに受診しましょう。

自覚症状がなくても検査

男性たち

梅毒は古くから恐れられてきた病気ですが、近年では病を治すことができます。早めに発見することで、症状を悪化させることなく治療ができます。梅毒には潜伏期間があるので、気になる場合は自覚症状がなくても検査を受けましょう。

陰茎がんの恐れもある湾曲

男の人

男性器は男性にとって愛する人とのコミュニケーションに大事な部分ですが、様々な原因で男性器が曲がってしまう湾曲ペニスという症状があります。一人で悩んでいても解決できないので、自覚症状のある人や男性器の形について自信のない人は、専門医に相談してみると良いでしょう。湾曲ペニスは、ペロニー病がきっかけになっている場合が主です。男性器の勃起は、性的な興奮を脳が感じ陰茎海綿体に血液が多く送られることで起こります。しかしこの血液で膨らむ陰茎海綿体を覆っている白膜という伸縮性に富んだ膜の一部にしこりがあれば、陰茎海綿体の膨張をうまく調節できずペニスが湾曲してしまいます。ペロニー病は生命に直接関わる病ではありませんが、性行為の際の自信損失や機能面に影響を与えかねないので、そのままにせず治療を検討することが問題解決への第一歩になるでしょう。湾曲ペニスの原因であるしこりを取り除くためには手術が必要になります。症状の発症時期は30代~70代と幅があるので、気になる人は年齢に関係なくいるでしょう。性行為をうまく行なえないと悩んでいる人以外でも、早めに受診した方が安心です。ペロニー病が原因でない場合、陰茎がんの恐れも考えられるからです。しこりの原因がペロニー病のように良性であれば陰茎を失うことはありませんが、陰茎がんの場合は男性器だけでなく命に関わってきます。湾曲ペニスの手術法主に2種類あり、それぞれにメリットとデメリットがあるのでそちらも受診のときに確認しながら選ぶと安心です。

気になる症状を相談

ドクターたち

埼玉で泌尿器科を探している人はインターネットなどで情報を集めて、信頼できるところを見つけると良いでしょう。泌尿器科で受けられる検査や治療は幅広いため予約が埋まりやすくなっています。早めに入れましょう。