自覚症状がなくても検査|湾曲ペニスを検査して健康と自信を早めに回復

湾曲ペニスを検査して健康と自信を早めに回復

医者

自覚症状がなくても検査

男性たち

性病の代名詞として古くから恐れられてきたものに梅毒があります。梅毒は性行為で梅毒トレポネーマという細菌に感染することで起こります。感染後は長い時間を掛けて病状が進行していくので、ケースによっては3週間~10年の間で少しずつ悪化していくケースもあります。症状の現れ方は性器部分だけでなく全身に見られます。痛みやかゆみ、はれ、赤く小さなブツブツが出ることが多くなっています。症状が現れない潜伏期間もあるので気を付けなければなりません。実は今世界中で梅毒が広がってきていると言われています。古くは治療方法がまだなく恐ろしい病として多くの人々を悩ませていました。しかし抗生物質が開発されたことで、感染しても投薬治療で治せるようになりました。梅毒で気を付けないといけないのは母子感染の恐れがあるということです。お母さんが感染していると生まれてくる赤ちゃんは生まれながらに梅毒に感染した状態になってしまうため、性行為の前後では検査を行なった方が安心です。赤ちゃんが感染した状態で生まれてくることを先天梅毒と呼びます。この先天梅毒は赤ちゃんの早産や死産あるいは障害の原因になると言われています。最近は梅毒やその他の性病検査で早期発見ができるので、確実に行ない必要があれば適切な治療を行なわなければなりません。梅毒に感染して3週間後などに出る症状としては、しこりがあります。その他にもリンパ節の腫れなどが見られるので、これらのサインを見逃さないようにしましょう。